Sample Company

又はこちら→

 

日本は世界有数の「自然災害大国」!

例えば1995年の阪神・淡路大震災、そして2011年の東日本大震災に代表される大規模な地震や、 度々被害を受ける台風、水害等による災害が起こる度に大きな障害になってきたのは、 避難情報や安否確認、支援物資の提供場所といった必要な情報を得るための通信インフラの崩壊や停滞でした。

もし、巨大な災害が起こっても ダウンすることなく利用できる通信インフラが構築できたなら-

どれだけ災害の拡大を防ぎ、そして、復旧を早めることができるでしょうか?
私たち地域情報支援ネットは、複数の企業の協力を得て、停電時にも自立型の電源供給を可能にし、各種センサーや送受信機など通信インフラを維持することができる、”防災”に対応したWi-Fi(無線LANを利用したインターネット接続サービス )ステーション・「みまもりロボくんⅱ」を開発しました。

普及のためぜひご支援をお願いします!
★お持ちの機種に合ったリンクをタップ、またはQRコードを読み取ってください。

ソフトバンクの方 | ドコモ・AU等、PCの方 | こちらからのご寄付も募っております

「みまもりロボくんⅱ」の機能

「みまもりロボくんⅱ」の大きな特徴は、風力・太陽光発電機・蓄電池を搭載することで、災害時であっても普段と変わらない通信環境を維持できることです。  そのため、災害による停電が発生した場合でも、救援が必要な被災地域は、インターネットを通じて地域内の情報を共有化することで、自分の身を守り、地域の中で互いに助け合うことが可能です。

また、ネットワークの通信局が稼動できる場所では、外部と連絡を取ることで、的確な行政の支援・救助を受けることができます。

加えて、「みまもりロボくんⅱ」は避難所の場所などの情報を探すことができるアプリを連動することで、災害初期に必要な情報をワンストップで提供することが可能になります。

第2回 歴史と観光 まちづくり展にも出展しまし 《詳しくはこちらをクリック》

災害時以外にも、初代「みまもりロボくん」から搭載している、危険を知らせるための緊急ボタンや、パトライト・ネットワークカメラといった「防犯」機能で地域の安全を見守り、デジタルサイネージ(電子掲示板)は、気象・災害警報(要契約)の表示に限らず、地域独自の「情報発信」等にも利用できます。

また、外国人観光客にはWi-Fiスポットとして周知してもらうことで「観光」ツールとしても活用が可能です。

私たちは、「みまもりロボくんⅱ」が、被災された方の不安や混乱を、少しでも減らす力になれるのではないかと考えます。

全国自治会活動支援ネットグループが全力で開発中の 観光&防災対応Wi-Fiステーション『みまもりロボくんⅱ』 普及のためぜひご支援をお願いします!

★お持ちの機種に合ったリンクをタップ、またはQRコードを読み取ってください。

ソフトバンクの方 | ドコモ・AU等、PCの方 | こちらからのご寄付も募っております